​嘉蔭堂-観光名所-攻略-同里古镇
  • 嘉蔭堂
  • 嘉蔭堂
  • 嘉蔭堂
  • 嘉蔭堂
  • 嘉蔭堂
    ​嘉蔭堂

      嘉蔭堂は竹行街憂家路地の口に位置し、中華民国初年に建たれ、四つ棟はあり、門・窓・梁・棟は全く精美に彫刻しています。家主の柳炳南氏は北厍(同里近くの地名)人であり、蘆墟(同里近くの地名)より始まって油屋を設け、出世後同里に引越して良い宅を建ち、全部で銀2万両を消耗しました。彼は著名愛国詩人の柳亜子氏と同じな先祖を持っています。

      嘉蔭堂の主な建築は明代結構を真似、常に「紗帽庁」と呼ばれたいます。梁の棹は明代に役人の帽子の羽らしく、名を得るからです。当庭は高くて広く、厳正で真面目であります。五つ梁の両側のセンターに「八駿図」(八駿馬の図)、梁の両端に「凤穿牡丹」(鳳凰より牡丹を貫く)、梁の底に「称心如意」(思い通りになる)、「必定高中」(必ず科挙試験に合格する)などの図は刻されてあります。更に珍しいのは「紗帽翅」(梁の棹)に、『三国演義』の「古城会、三英戦呂布」(「古城で会う、三人の英雄は呂布と戦う」)など八枚の戯曲透彫は刻されてあり、形は真に迫り、呼べば出るようになります。






    同里古鎮保護管理委員会
    Design By Noonmedia