同里は千年の歴史文化の名鎮として当面唯一の鎮を機構として省級文化保護機構に上げられた古鎮となっている。鎮内の文物古跡はとても多くて、ただ完全的に保護された明清代建築は既に6.5万平方メートルに達し、総敷地面積の61%を占めている。上世紀70年代末、同里は既に文化遺産保護を開始している。この鎮はまず家産を探り出すことより着手し、同済大学および省、市建設、文化部門の関連専門家と連携して一緒に鎮全体の歴史町、伝統民家と文物古跡に対して全面、系統的な調査を展開し、文物古跡の保護現状を探り出して、電子化ファイルを設立し、動態管理を行う。



同里古鎮保護管理委員会
Design By Noonmedia