当該茶屋に変わる風味があり、ここで、各種級別の紅茶、緑茶、花茶を味わうほかに、薫製青豆、干し大根など各種茶・菓子を提供しています。一階の店に経理室及びお湯を加熱する「かまど」はあります。上は一つ「劇曲チーム」があり、お茶客は数下りの江南糸竹(楽器名)、宣卷(劇曲形式名)、評弾(劇曲形式名)、劇曲、小曲等小唄をご拝聴できます。

     
    同里古鎮保護管理委員会
    Design By Noonmedia