同里古鎮の中に各方の往来者と安寧な民家生活と一体化のように調和しており、静かが好きな方は縹渺に窓の近くに座って濃く香りよいコーヒーを飲みながら本を読んで、それから慌ただしい足どりの往来を見て、そのめったにない静かと思いを独自で享受している。
     
    同里古鎮保護管理委員会
    Design By Noonmedia