崇本堂-観光名所-攻略-同里古镇
  • 崇本堂
  • 崇本堂
  • 崇本堂
  • 崇本堂
    崇本堂

      富観街に長寧橋の北端に位置し、北に立ち南に向い、水に直面して立てられます。全体建築群は中軸線に沿って遠くて深い所へ発展いき、全く五棟があり、门庁、正庁、前楼、後楼、台所からなります。当堂は一つムーに足りなくて建築体積も多くないが、非常にきちんと整って精緻です。崇本堂に関して、最も人気のあるのはここの各種彫刻だと思われています。��。更に珍しいのは「紗帽翅」(梁の棹)に、『三国演義』の「古城会、三英戦呂布」(「古城で会う、三人の英雄は呂布と戦う」)など八枚の戯曲透彫は刻されてあり、形は真に迫り、呼べば出るようになります。t-kerning:1.0000pt;" >知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ)と言ったことがあります。退思園は深刻的文化内包で、同里より根源は久しい歴史を結び付け、皆に考え・啓発を与えます。2001年、退思園は世界文化遺産に入れられました。





    同里古鎮保護管理委員会
    Design By Noonmedia