退思園-観光名所-攻略-同里古镇
  • 退思園
  • 退思園
  • 退思園
  • 退思園
  • 退思園
    退思園

      退思園は、清光緒十一年~十三年(西暦1885-1887年)造られました。園の主任は任蘭生です。園名は『左伝』の「进思尽忠,退思补过」(朝廷で役人を務める場合、誠心誠意を尽くし皇帝に奉仕し、また退職して隠す場合、自己を反省し過ちを補う)の意味によって得る物です。退思園設計者の袁龍は江南水郷の特徴により、土地状況に応じて適切な措置を取り、巧みに考え、二年間を経って当園を建ってしまいました。敷地面積は僅か九亩八分(約6500平米)、簡素で華美ないし、静かであっさりして奥床しく、清の末江南園林の建築風格を有しています。配置は独特で、亭、台、楼、閣、廊、坊、橋、榭、庁、堂、房、軒は完備し、池を中心とし、各建物は水の上に浮かべるように立っています。構えはきちんと整って自然で、植物分布を入れ、四季景色を飾り付けています。清い、もの静か、明るい感じを得るようになります。

      退思園は、清代園林の特長を集め、江南古典園林の経典の作と認められています。園林専門家の陳従周氏は退思園を「貼水園」(水をぴったりくっつく園)と呼びます。孔子は「智者乐水,仁者乐山」(知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ)と言ったことがあります。退思園は深刻的文化内包で、同里より根源は久しい歴史を結び付け、皆に考え・啓発を与えます。2001年、退思園は世界文化遺産に入れられました。





    同里古鎮保護管理委員会
    Design By Noonmedia